2015年02月16日

びぶれ浜松 2015年2月12日掲載されました!

先日、地元浜松の新聞折込情報誌に志村教授の記事が掲載されました。

ぜひご覧くださいわーい(嬉しい顔)

びぶれVol.562.pdf


ただいまおが粉入り緑茶「おがっティー」の試飲モニター募集中!
詳しくは匠の会HPをご覧ください。
天竜T.S.匠の会ホームページ


posted by 匠の会×静岡理工科大志村研究室 at 15:09| Comment(0) | メディア紹介

2015年02月15日

スーパーウッドパウダー飲料「おがっテイー」

 私が天竜T.S.ドライシステムの水窪製材所を訪れた際、「ゴミ」として出される「おが屑」、「かんな屑」を見て、「捨てるのはもったいない」、「食べられるのではないか」と直感したのは一昨年(2013年)の10月でした。雑穀料理「つぶ食 いしもと」の石本静子さんの強力な協力の結果、「食べられるのではないか」という私の直感が実現したのは、およそ1年後の9月末でした。

 原料の「おが屑」を細粒化、煮沸などの工程を経て精製した「おが粉」を「スーパーウッドパウダー」と命名し、現在では、「スーパーウッドパウダー」を20〜30%混ぜたパン、ドーナツ、ハンバーグ、ソーセージ、餅、うどん、クッキー、ビスケットなどなどの「スーパーウッドパウダー食品」が試作、試食されています。

 私が「木を食べる」話を初めて公表したのは、2014年11月23日に東京で行われた「NPO法人森びと設立10周年記念講演会」の講演の中ででした。この直後の11月25日には浜松で行われた「地域創成フォーラム」でも「木を食べる」話をしました。この後、2014年11月26日の「中日新聞」(静岡県内版)の「スギやヒノキのおがくず 食用パウダーに加工」という記事にはじまり「静岡新聞」、「朝日新聞」(静岡県内版)が複数回にわたって「木を食べる」話を紹介してくれました。また、新聞ばかりではなく、テレビ朝日、あさひテレビ(静岡)、静岡放送テレビ、だいいちテレビ(静岡)、読売テレビ(関西)など、テレビの報道番組にも何度か取りあげていただきました。

 スーパーウッドパウダーがセルロースを主成分とする食物繊維であることから、スーパーウッドパウダー食品が便秘症に効くのではないかということは当初から予測され、実際に、試食したおよそ7割の人に、その効果が認められています。

 私は、便秘症に対する効果のほかに、花粉症にも効くのではないかと考えていましたが、2014年12月28日の「朝日新聞」に「スギ花粉の成分を含ませたコメを毎日食べると、花粉症を起こす体の免疫反応が抑えられた、とする研究を東京慈恵医科大などがまとめた」という記事が掲載されました。


朝日新聞 2014年12月28日記事


私はこの研究結果に後押しされ、同様のメカニズムによって「茶にスーパーウッドパウダーを混ぜて飲めば花粉症が抑えられるのではないか」と意を強くしました。

 このような背景から、樽脇園の樽脇靖明さんが試作したのが「おがっテイー」です。
 このたびの「モニター調査」の結果を心待ちにしている次第です。

静岡理工科大学物質生命科学科教授 志村史夫
2015年2月13日
posted by 匠の会×静岡理工科大志村研究室 at 00:00| Comment(0) | おがっティー

2015年02月07日

2014年度 静岡理工科大学志村研究室 卒業研究発表会のおしらせ

2月12日(木)に静岡理工科大学にて
志村教授研究室の学生卒業研究発表が行われます。

TSドライの木材を使って、自然と木の不思議に迫る
学生たちの力のこもった面白い実験となっております。

お時間ありましたらぜひお越しください!


日時:
2015年2月12日(木) 13時〜14時半

場所:
静岡理工科大学 教育棟309講義室

《タイムテーブル》
13:00-13:12 杉・檜の月齢伐採と天然乾燥
13:12-13:24 木材が食品保存に与える影響
13:24-13:36 天然乾燥・人工乾燥、月齢伐採が食品保管に与える影響
13:36-13:48 プランター材料の植物成長に与える影響
13:48-14:00 新月茶と満月茶の科学的比較
14:00-14:12 木が動物リラックスに与える影響
14:12-14:24 燻煙燻製と燻液燻製の比較



静岡理工科大学
http://www.sist.ac.jp/index.html
〒437-8555 静岡県袋井市豊沢2200-2
TEL:0538-45-0111 / FAX:0538-45-0110

posted by 匠の会×静岡理工科大志村研究室 at 10:46| Comment(0) | お知らせ